VITAFUL(ビタフル)の口コミ評判!使い捨てと充電式とは?健康被害や副作用はあるの?電子タバコビタ_フ ル

ビタフルの口コミと特徴

ビタフルは使い捨てを前提にした新しいタイプの電子タバコです。電子タバコには様々なタイプが存在しますが、フレーバーリキッドの充填や一部部品の交換が必要になるなど、どうしてもわずらわしい面がでてしまいがちです。

しかし、ビタフルは使い捨てを前提にしていて、しかも吸える階数が多いというメリットがあるのです。

\3000円以上で10%オフ/

ビタフル公式サイトはこちらから

電子タバコビタ_フ ルはどんな電子タバコ?

ビタフルでリフレッシュ!
ビタフルは使い捨てタイプと、充電式の2種類のタイプから選ぶことができます。特に人気があるのが使い捨てタイプです。シンプルでカラフルな外観も特徴で電子タバコには思えないデザインになっています。

使い捨てだから分解してメンテナンスをする必要がなく、充電などもせずに好きなときに吸い、煙がでなくなったら捨てれば良いのです。

充電式もユニット交換式で、吸えなくなったら先端部分を交換すればよいだけです。その手軽さやフレーバーの豊富さから人気になっているのがビタフルなのです。

ビタフルは体に害はないの?副作用は?

ビタフルはニコチンタール0
ビタフルはニコチンゼロ、タールゼロ、PG(プロピレングリコール)ゼロと、身体にも環境にも優しい電子タバコになります。

6種類のビタミンとコエンザイムやヒアルロン酸、コンドロイチンなどが利用されていて、美容成分の多さから美容が気になる女性にも支持されています。

通常のタバコはビタミンを摂取するどころかビタミンを破壊する成分が含まれているため、大きな違いになっています。体への害もなく副作用もないことが人気の理由になっているのです。

ニコチンもタールもゼロで物足りないときに吸える

ビタフルはニコチンもタールもゼロで、禁煙したいときにもの足りなさを感じる人でも使いやすくなっています。吸った際に空気と反応して煙が出るのも特徴で、深く吸い込めばそれだけ煙の量も多くなります。

フレーバーを熱して発生する煙のため、嫌な臭い残りなどもなくオシャレに気を使いたい人にも人気になっているのです。

ビタミンが入っていても摂取できるわけではない?

ビタフルのフレバーにはビタミンなどが使われていて、ビタフルを使えばビタミンも取れると考える人もいます。

ただし、原料に使われているのと実際に摂取できるのかは話が別になり、医学的なチェックまでされているわけではないことに注意が必要です。

煙として気化したものを吸っているのもポイントで、借りに体の中に取り込めるとしても微量になってしまいます。

あくまで気持ち的な部分に影響を与えるものになるため、必要なビタミンなどは食事で補うように気を配る必要があるのです。

\安心の日本製!ニコチンタールゼロ!/ビタフルでリフレッシュ

ビタフルのメリット

ビタフルのメリットは使い捨てができる手軽さとフレーバーの種類の充実が特徴になっています。季節限定のフレーバーなども発売されていて、シーズンの楽しみにしている人もいます。

メンテナンスや充電が苦手な人は使い捨てタイプのビタフルを使えばよく、よりコストパフォーマンスを重視したい人は充電式を使うという使い分けもできます。

使い捨てタイプは充電の手間がないのも魅力で、買ってその場で吸えるというのも大きな魅力になっています。

部品交換が必要なく簡単に使える

電子タバコのほとんどは、消耗品が使われていてメンテナンスや部品の交換が必要になります。細かな部品を扱うこともあるだけでなく、交換時期になると吸いたいのに吸えないというストレスに繋がることもあります。

しかし、ビタフルの場合は部品交換ではなくビタフルそのものを買い換えればいいため、購入して使い終わったら捨てるというサイクルを続ければよくなります。購入するのも使うのも捨てるのも、シンプルにできるのです。

購入してすぐに吸える電子タバコは少ない

実は購入してすぐにすえる電子タバコは少なく、多くの電子タバコは受電を必要とします。しかし、ビタフルの使い捨てタイプは充電自体が必要なく、吸い終わったら捨てるだけですむのが特徴です。

ドラッグストアなどでも販売しているため、切れそうになったら近くのお店で買い足してすぐに吸うということも可能なのです。

\3000円以上で10%オフ/

ビタフル公式サイトはこちらから

ビタフルのデメリットなどの注意点

ビタフルのデメリットになるのが価格です。1本は公式サイト購入価格で税込み1058円になり、500回吸うことができます。しかし、吸う回数で考えてしまうと一般的なタバコより若干やすい程度になる恐れがあるのです。

健康に害がなく、吸いやすいからと頻繁に吸っているとタバコ以上にお金がかかるケースもありえます。

タバコ税が見なおされてタバコの価格自体が上がれば話はまたかわりますが、ある程度コスト面の負担はかかることに注意が必要です。

頻繁に吸いすぎればそれだけ負担も大きくなる

ビタフルは使い捨てタイプで500回利用が可能と、頻繁な使い捨てをしなくても良いように設計されています。しかし、頻繁に吸いすぎればそれだけ経済的な負担が重くなってしまうのです。

充電式の場合は使い捨て部分がかなり安く作られているため、コストパフォーマンスを考えるなら充電式がおすすめです。

ビタフルは充電式と使い捨てがある!?

ビタフルは充電式と使い捨てがあり、価格とフレーバーに違いがあります。バッテリーの価格分充電式の方が高くなっていますが、交換するフレーバーの安さで言えば充電式の方が安くなります。

フレーバーの種類や手軽に使えることを重視して使い捨てを選ぶのか、コストパフォーマンス重視で充電し気を選ぶのかは好みに左右される部分があるのです。

デザインやフレーバー重視で使い捨てを選ぶ人も多い

コストパフォーマンスで考えれば充電式の方が安くなりますが、使い捨てタイプはデザインが良いのも魅力になっています。見た目ですぐに電子タバコとわからないカラフル差も特徴で、フレーバーの種類も多いことからタバコを数習慣がなかった人にも愛用者が増えています。

価格だけでなく自分好みのスタイルで使って行くのもおすすめになります。

▶▶充電式ビタフルの詳細はこちら

ビタフルの味(フレーバー)の種類

ビタフルのフレーバーは定番が11種類で、季節ごとに追加のフレーバーが加わることがあります。充電式は4種類と使い捨てタイプにくらべて大分種類が少なくなっています。

フルーツやカフェイン系など11種類のフレーバーが選べる

ビタフルの特徴の一つがフレーバーの多さです。11種類ものフレーバーが存在し、さらに季節の限定品を加えると12種類を超えるフレーバーが味わえることになります。

一般的な電子タバコでもフレーバーの種類が二桁になることは少ないため、香りの選択肢の広さも魅力になっているのです。

ビタフルの使い方・吸い方

ビタフルの使い方は非常にシンプルです。使い捨てタイプはキャップを外して吸うだけでなく、吸い終わったらキャップをはめるだけです。

充電式はバッテリーをUSBなどから充電し、カートリッジを交換しながら吸います。吸ったときの空気に反応して煙が出るのは使い捨てタイプと同様になっています。

ビタフルの販売店は?

ビタフルの販売店はヴィレッジヴァンガードやドン・キホーテ、ドラッグストア、全国のサービスエリアになります。ドン・キホーテやドラッグストア、サービスエリアで購入できるのは大きな魅力です。

ただし、公式サイトから購入をすることで割引クーポンが発行されることは余り知られていません。しかも、発送や購入は大手通販業者の中から選ぶことが可能で、ポイントもためやすくなっています。

公式は3000円以上のまとめ買いで10%オフのクーポンが利用できるのも魅力です。

\3000円以上買うと10%OFF/ビタフルでリフレッシュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です