日本に拠点があるから安心!本場アメリカからきた電子タバコJPvapor

jpvaporの評判と口コミ

JPvaporは電子タバコ発祥の地と言われるカリフォルニアと日本に拠点を置く電子タバコとリキッド生産メーカーです。

日本国内への電子タバコの普及に努める企業の一つで、先進的な取り組みを続けてきた電子タバコブランドでもあります。

信頼性の高さが魅力の一つで、電子タバコの国際ブランドとしても愛されているのです。

JPvaporはどんな電子タバコ?

JPvaporは電子タバコのスタンダードといえるスタイルが特徴です。必要な機能コンパクトにまとめていて、機能的なデザインが美しいという評価もあります。

歴史が長い分信頼性が高いのも特徴で、新規のブランドよりも実績で購入する人が多いのが特徴になります。海外の電子タバコを使ってみたいという人が入門的に使うケースもあります。

JPvaporはカリフォルニアだけでなく日本にも拠点があり、日本語マニュアルつきの製品が出回っているのも特徴になります。

JPvaporは体に害はないの?副作用は?

JPvaporはニコチンやタールが含まれていない電子タバコです。健康への被害などは確認されておらず、副作用の心配もないのがポイントと言えます。ただし、正しく使うことが前提であり、空焚きなどをすると健康に害のある成分などが発生する恐れもあります。

スイッチを入れる場合はリキッドが重点されていることをしっかりと確認する必要があるのがポイントです。

空焚きを避ける必要があるのはJPvapor以外の電子タバコにも共通していて、空焚きを防ぐための仕組みなども組み込まれています。

また、JPvaporのリキッドは品質が高いことでも知られていて、安全性が認められたことから安全基準が厳しいヨーロッパなどにも輸出されています。

ニコチンやタールの検出がない高品質なアトマイザーを使用

JPvaporは高品質なアロマリキッド(アトマイザー)を低価格で利用できるのが魅力になっています。電子タバコで健康被害が出るという報告は、粗悪なアロマリキッドなどを利用した場合などに限られるからです。

粗悪なアロマリキッドからニコチンやタールが検出された例は存在しますが、JPvaporの場合はしっかりと検査を行い検出がされないことが確認されています。

ニコチンやタールを含まないことが保証できる海外性のアロマリキッドを、グループ価格で安く利用できるのは大きなメリットとなっています。

JPvaporの良いところ(メリット)

JPvaporの良いところは、自社製の品質の高いアロマリキッドを利用できることです。一般的な国内の電子タバコメーカーは海外メーカーにアロマリキッドを委託することが多く、どうしても販売価格に上乗せされて販売されることが多くなります。

JPvaporのアロマリキッドはカリフォルニアの工場を中心作られていて、日本ではなかなか手に入らないフレーバーなどの取り扱いもあります。

また、電子タバコを牽引するメーカーであり、製品としての信頼性が高いこともメリットになっています。

アロマリキッドが安いため維持費も安くなる

JPvaporのアロマリキッドはカリフォルニアの工場で作られていますが、1つが千円を切る価格で販売されています。電子タバコ用のリキッドは千円を越えるケースが多く、維持費にも影響を与えます。

電子タバコの中でもトップクラスに安いのがJPvaporの大きな魅力になっています。

歴史が長いため信頼性も高い

JPvaporは歴史が長く、製品としての信頼性が高いのも特徴になります。製造ノウハウがあまりない電子タバコメーカーも珍しくなく、不良品や不具合が生じる原因になることもあるからです。

JPvaporは歴史が長いだけでなく、国内にも拠点があることから安心して使える電子タバコの一つになっているのです。

JPvaporのデメリットなどの注意点

JPvaporのデメリットの一つが、シンプルでスタンダードなスタイルであり、定期的な部品交換が必要になることです。コイルの交換は特に重要で、2週間に1回程度交換が必要になっています。

分解や交換は簡単になっていてコイルも安価に購入できるのが魅力ですが、不具合を防ぐためにも予備のコイルは常に手元においておいた方が良いのです。

コイルの交換は2週間が目安になる

電子タバコでコイル交換が必要なものは2週間の感覚で交換するのがスタンダードになっています。メーカーによって交換用のコイルの価格は異なるものの、JPvaporはコイルの価格も比較的安くなっています。 交換用コイルは5個1,080円で、無理に交換を遅らせなくても十分に実用できる範囲です。

不具合の原因にもなりかねないため、定期的な交換が必要になるのです。

JPvaporの味(フレーバー)の種類

フレーバーの種類は10種類になり、電子タバコの中ではかなり豊富になっています。フレーバーが一桁台の電子タバコは珍しくなく、種類によっては5種類以下というケースもあるからです。
枯葉(ドライリーフ)などの変わったフレーバーが楽しめるのもJPvaporならではです。

10種類の中から選んで行くスタイル

JPvaporのスターターセットは3種類のフレーバーがセットになっています。スターターセットによって違いはあるものの、基本はアロエマスカット、クールマンゴーストロベリー、スペアミントで、追加したいときは10種類のフレーバーの中から選んでいくスタイルになるのです。

キャラメルカスタード&ドライリーフなど、日本では余り聞かない組み合わせのフレーバーもあります。熟成されたドライリーフの香りがするクラシックブレンドなども存在し、森林浴の気分を味わいたい人に人気です。

柑橘系やトロピカルフルーツ系フレーバー、メンソールなどのスタンダードなフレーバーも存在します。

お得な4種セットも購入することができる

単体のアロマリキッドだけでなく、4種類のアロマのセットも購入することができます。セット価格でお得になっているため、様々な香りを楽しみつつコストパフォーマンスを重視したい人にもおすすめです。

JPvaporの使い方・吸い方

JPvaporは空焚きなどの誤った動作を防ぐための安全機能が組み込まれています。具体的にはスイッチの入れ方で、電源のオンオフは素早く5回スイッチを押す必要があるのです。

基本の流れはバッテリーを充電し、アロマリキッドをアトマイザーに充填し、バッテリーと接続、スイッチを押して吸い、吸い終わったら電源を切って終わりになります。

アトマイザーにアロマリキッド入れすぎるとこぼれやすくなるため注意が必要です。

スイッチは5回素早く押す必要がある

電源のオンオフは5回電源スイッチを素早く押す必要があります。ゆっくり押しても反応しないため、ある程度素早く押すことを意識するのがうまく電源を入れるコツです。電源を入れるとランプが点灯します。

アトマイザーにアロマリキッドを充填しない状態で電源を入れるとコイルが熱をもち、こげる原因となってしまいます。初回は特に忘れやすいため注意が必要です。

また、コイルの寿命は2週間になる為、交換時期が来た場合は分解して入れ替える必要があります。

上位モデルは煙の量を調整することができる

JPvaporの上位モデルは煙の量を調整することが可能で、本体についているリングをまわすことで自分好みの量にかえることができます。

廉価モデルは調整機能がないため、自分が吸い込む息の料で調整が必要になります。

JPvaporの販売店は?

JPvaporは通販などで購入することも可能で、一見すると便利に見えます。しかし、JPvaporは複数の国で作られているため、輸入品を購入してしまうと日本語のマニュアルがつかなくなってしまいます。

また、メーカー保証もきかなくなる恐れもあるため、公式サイトから購入するのが一番安全になっているのです。

まとめ

JPvaporはフレーバーリキッドの価格が安く、維持費が安い電子タバコになります。メーカーの信頼性が高いのも魅力で、電子タバコ入門にも使いやすくなっています。

コイルの交換が面倒に思えるかもしれませんが、ユニット交換式の電子タバコはそれだけ費用も高くなるため、とにかくコストを抑えたい人におすすめの電子タバコになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です